水素水で子宮がんが治りました!

   2015/07/27

Pocket

子宮がんを水素水で治した女性(50代/ショップ経営)です。数か月前に、何だか体調がイマイチだったので病院に行ったところ、子宮がんが見つかりました。ステージ0でまだ早期だったので、様子を見ながら治療していきましょうと言われました。独身なので残される家族の心配はなかったのですが、数年前に起業したばかりで忙しかったですし、手術をするのも化学療法をするのも日常生活に支障が出るよな、なんて考えていたのです。そんな時に薬剤師になった友人から、水素水でがんが治るかもしれないという話を聞き、もしかしたら早期発見できた私の子宮がんなら治るのではないかと期待して、水素水を飲み始めました。

私の場合、水素水は健康に良いと知っていましたし、体内にたっぷり水素を送って癌細胞をなくしてしまおうという意気込みを持って、自分で「水素水療法」と名付けて飲み始めました。自宅にサーバーを取り付けるとともに、工場直送してくれる水素水を定期購入することで、毎日の生活の中で、とにかく水素水に囲まれながら、一日に3リットルぐらいを目標に飲んだのです。

そしたら、飲み始めてから1か月目に実感できた効果は、肌の艶が良くなったことと、体調がとても良い日が毎日続くということです。3か月目に子宮がんの検診に行ったときには、ステージ0の癌細胞が見つからず、医師は「あれ?なくなったのかな?」なんて首をかしげていました。早期のステージの場合だと、なくなることもあるのだそうですね。そういうことも、その時に初めて知りました。

水素水を飲みまくるメリットは、全身の細胞が浄化されるような気がして、体調がすこぶる良くなることだと思います。デメリットをあげるならコスト面があげられますが、私の場合には水素水療法だと割り切って始めたので、特に気になりませんでしたし、がん細胞がなくなってくれたことの方が嬉しいですね。私の場合は、もしかしたら偶然だったのかもしれませんし、ラッキーだったのかもしれません。しかし、ステージ0のがんなら、試してみる価値はあると思います!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket