白内障治療と同時に水素水の飲用を始めました

   2015/09/12

Pocket

視界がぼやけるような気がしたのが63歳のときで、眼科で診察を受けたところ、初期の白内障と診断されました。悪化すれば日常生活にも支障が出ると聞き、このままでは手術は避けられないのだろうかと、憂うつな気持ちで毎日を過ごしていました。

そんなときに、テレビで水素水の存在を知ったんです。白内障の予防にも効果があると聞き、藁にもすがる思いで水素水を始めてみることにしました。主人と相談した結果、水素水サーバーをレンタルすることに。毎日欠かさず飲むものだから、飲みたいと思ったときに飲める環境にしたいよね、と主人と話し合ったんです。レンタルなら業者の方がメンテナンスをしてくれるため、機械に詳しくない私たちでも安心して始められました。

朝起きた直後に飲む水素水は、体に染み込んでいくようで、気分もスッキリします。散歩の後など、のどが渇いたときはもちろん、イライラしてしまったり、何となく体がだるいと感じたりしたときにも、水素水を飲むようにしています。年をとったせいか、一回に飲めるお水の量も多くないのですが、水素水サーバーだと一度に飲む量だけ生成できるので、本当に助かりますね。

白内障と診断されたとき、眼科から点眼薬を処方されていたのですが、うっかり差し忘れてしまうことも多かったんです。でも、お水を飲まずに生活することは不可能ですよね。そういう点でも、水素水で白内障の治療を行うことは、私に合った方法だったと思います。

毎日飲み続けているおかげか、白内障は初期症状のままで維持できています。一時は失明すらも覚悟していただけに、この効果は驚きですね。それに、水素水の効果は白内障の悪化防止だけではありませんでした。水素水を飲み始めてから、肌がキレイだと褒められることが多くなりました。主人も昔に比べて顔色が良くなりましたし、厄介だった加齢臭も改善されたんです。

もともとは白内障の治療のために始めた水素水でしたが、体に良いことがたくさんあって、本当にうれしいです。主人と一緒に、これからも飲み続けていきます。(60代、主婦、女性)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket