動脈硬化を完治に導いてくれたのが水素水でした

   2015/09/17

Pocket

もともと太り気味で、食べることも好きでした。食事は揚げ物中心で、野菜は少なめ。野菜はあまり好きじゃなかったので、肉ばかり食べていたんです。動脈硬化についてテレビで特集されているときも、自分はまだ26歳だし、若いから大丈夫だろうと過信していました。しかし、会社の健康診断で、動脈硬化だという診断結果が出てしまいました。おじさんがなる病気だと思っていたから、ショックは大きかったですね。

動脈硬化だと診断された後に医師から聞いたのですが、動脈硬化は表だって症状が出にくいのだとか。だから、僕も気づくのが遅れてしまったんです。治療のため、すぐに食事制限と運動を開始。しかし、独り暮らしで帰宅も遅く、なかなか自炊もできずに困惑していました。コンビニでご飯を買うにしても、なるべくサラダを付けるようにしたりと気をつかってはいたのですが、思ったように状態は改善しませんでした。

水素水を始めてみたらどうかと、実家の母からアドバイスをもらいました。母の友達にも動脈硬化に悩んでいる人がいたのですが、水素水を飲み始めたところ、LDLコレステロール値や中性脂肪値が低下したというのです。調べてみたところ、水素水スティックという道具なら、簡単に水素水を作ることができるとわかり、早速ネット通販で取り寄せてみました。細いスティックをペットボトルや水筒に入れ、水道水を注ぐだけで水素水に変化させるんです。この手軽さが、仕事で忙しい身にはありがたかったですね。コストがあまりかからないという点でも、助かりました。

実際に水素水を飲み始めると、すぐに冷たくなりがちだった手足の指が、なかなか冷えにくくなりました。それに、湯船につかったときの発汗量も、以前より多くなったんです。代謝が良くなり、疲れを翌日に引きずることも少なくなりました。そうなると、運動する余裕が出てきて、平日は1駅分多く歩いたり、休日にはジョギングを楽しんだりするようになったんです。

今では血中のLDLコレステロール値や中性脂肪値がグンと低下。治療のためにも、水素水をこれからも続けていこうと思います。(20代、会社員、男性)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket