ペットの健康と水素水

   2015/10/09

Pocket

水素水は私たち人間だけでなく、ペットの飲み水としても使用可能です。大切なペットの健康のためにも、普段の飲料水を水素水に切り替えてみませんか。

人間の病気の約9割は、活性酸素によって引き起こされるものだと言われています。動物もまた同じです。呼吸によって体内に酸素を取り入れると、一部の酸素が活性酸素へと変化します。活性酸素の中でも有害な悪玉活性酸素が増加すると、糖尿病や皮膚炎、動脈硬化などの病気を引き起こしてしまいます。また、住環境や飼い主によっては、運動不足に陥ったり、タバコの副流煙を吸ってしまったりと、ペットにとっても活性酸素が発生しやすいケースが存在します。

最近、ペットが疲れ気味だ、昔のように元気に動き回らない、ずっと寝そべったままだ、散歩のときに、激しい息切れをしている、そんなふうに感じたら、もしかすると悪玉活性酸素が蓄積しているのかもしれません。

水素水には、悪玉活性酸素と結びつきやすい性質があります。体内で水素と悪玉活性酸素が反応し、最後には水分となって体外へと排出されていきます。動物に対する効果に関しては、まだ研究や実験が進められている段階で、明確な研究結果は出ていません。しかし、ペットに対する治療に水素水を使用した事例も挙がってきており、確実に効果は認められつつあります。

病気や老化などの問題が見られないペットでも、水素水を与えると良い結果が出たという報告があります。毛並みが良くなったり、食欲旺盛になったり、臭いが気にならなくなったりと、ペットにも飼い主さんにもメリットがたくさんあります。いつまでも元気でいてくれるように、水素水を始める飼い主さんが増えつつあります。

現在ではペット専用の水素水も発売されています。ワンちゃんやネコちゃんにとって負担となるミネラルをカットしているため、安心して飲ませることができます。

病気で元気がない場合だけでなく、健康維持のためにも、ペット用の水素水を始めてみてはいかがでしょうか。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket