入浴中に水素水が効果的。

   2015/10/11

Pocket

水素水は飲むだけでなく、水素水を用いた入浴でも、健康や美容への効果が期待できます。入浴することで水素を体に取り入れる水素風呂も、注目を浴びています。

水素風呂に入るには、専用の装置や入浴剤を使用します。効果を実感するには、つかるだけでOKです。非常に小さな水素の分子が肌へと浸透し、細胞の隙間にまで入り込んでいきます。入浴後、7~15分たつ頃には、水素が全身に行き渡ります。水素をじっくり体に浸透させるためにも、お風呂の温度は少しぬるめの38度前後がおすすめです。水素による血流改善効果があるため、ぬるめのお湯でも保温性は高く、お風呂上がりにもポカポカが続きます。

皮膚に直接水素水が触れるため、美肌効果もバッチリ。肌荒れやシミ、シワ、吹き出物など、肌のトラブルの多くは、活性酸素が原因と言われています。活性酸素は善玉と悪玉の2種類が存在していますが、悪玉活性酸素は体内の細胞を傷つけ、老化や病気を招く厄介な存在です。水素は悪玉活性酸素と結びつく性質を持っており、体内で酸素と過酸化水素水に変化します。そして、最後は汗や尿として体外に排出されていきます。このように、水素が悪玉活性酸素を取り除いてくれるため、つらい肌トラブルにも効果を発揮するのです。

また、疲れやだるさ、筋肉痛にも水素風呂は効果的です。水素には、代謝を活性化させたり乳酸を抑制する作用があります。水素風呂にゆっくりつかることで、滞った血流が改善され代謝がアップします。乳酸値のアップも防ぐため、翌日の筋肉痛予防にも最適です。

疲労回復や美容のためにも、水素風呂を始めてみませんか。手軽に始めるなら、水素発生入浴剤がおすすめです。入浴剤を入れた後、効果は8時間続くため、長風呂好きの人でも安心して使用できます。長期的に毎日続けたいなら、お風呂用の水素水生成器を購入するという手段もあります。本体価格が8万円前後のものが多いですが、入浴剤を買い続けるより、結果的にはコストを抑えることができるでしょう。

リラックスできるバスタイムに水素の力もプラスして、美と健康を手に入れてみませんか。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket