水素サプリメントの特徴(メリットとデメリット)

   2015/10/19

Pocket

水素の効果を実感できるのは、水素水だけではありません。手軽に摂取できる水素サプリメントも販売されているのです。

水素サプリメントは、摂取したサプリメントが体内で水素ガスを発生させることで、効果を発揮します。水素の発生方法や成分は、商品によって異なっています。主なものとして挙げられるのが、精製岩塩、フラナガン水素、ゼオライト、サンゴカルシウムです。精製岩塩の水素サプリメントは、岩塩のマグネシウムに水素を吸蔵させています。これが水と反応することで、水素ガスが発生するのです。フラナガン水素は、シリカとクエン酸カリウムが水と反応することで、水素が発生します。ゼオライトは解毒作用のある鉱物・ゼオライトを使用したものです。サンゴカルシウムは比較的価格帯の安い商品に使われていることが多く、現在も改良が進められています。現時点では精製岩塩のものの水素発生量が最も多く、その分、価格も高い商品が多いと言われています。次に水素発生量が多いのはフラナガン水素、さらにゼオライト、サンゴカルシウムの順になります。

水素サプリメントのメリットは、無理に水を飲む必要がない点です。水素水の効果を実感するには、1日1~1.5リットルの摂取が推奨されていますが、人によっては負担に感じるかもしれません。水素サプリメントなら、体にストレスをかけずに水素を手軽に摂取できます。品質の良いサプリメントなら、1カプセルで水素水1リットル分の水素量に匹敵します。

現在では水素サプリメントも、商品によって品質のばらつきがあるようです。中には水素水1滴分にも満たない水素濃度の商品や、安全性が保証されていない商品も出回っています。そのため、品質で水素サプリメントを選ぶなら、精製岩塩タイプを選ぶと良いでしょう。ただ、マグネシウムを使用しており、下痢を誘発する可能性があるため、注意が必要です。

たくさんの水素水を摂取するのは厳しいという人は、サプリメントも検討してはいかがでしょうか。品質をチェックして、自分にピッタリの商品を見つけましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket