水素水生成器の特徴(メリットとデメリット)

   2015/10/04

Pocket

日常的に水素水を飲みたい場合は、水素水生成器の購入を検討してはいかがでしょうか。家庭で水素水を生成できるため、生活スタイルに合わせた水素水の飲用が可能になります。

健康や美容に効果のある水素水ですが、1日に推奨されている摂取量は1~1.5リットル。この量を毎日飲み続けようと思うと、アルミパウチの水素水などではコストが高くなってしまうのが難点です。水素水生成器は、本体を購入するときにはそれなりの費用がかかりますが、以降は水道水を使用するため、ランニングコストが低く抑えられるというメリットがあります。

また、多くの水素水生成器では、水素水を作り出すに当たって、電解酸性水も副生成物として生成されます。電解酸性水は高い殺菌力を持つとして、飲食店や医療現場などで使用されています。食材を洗いながら殺菌したり、電解酸性水を含ませたふきんでテーブルを除菌したりと、家庭でも電解酸性水の活躍が期待できます。また、浄水機能を併せ持つ水素水生成器も多く、赤ちゃんのミルクを作りたいときなどは通常の浄水を使用するなど、場面によって水の使い分けができる点も、水素水生成器の魅力です。

水素水生成器で人気を集めているのが、水道に直結させて設置するタイプです。蛇口をひねるだけで水素水が生成されるため、面倒な操作は必要ありません。

ただ、水素水生成器の本体価格の多くは安くても10万円以上、高いものでは30万円以上もするため、導入時に多額の費用がかかるのが難点と言えるでしょう。また、水道水を使用するため、住んでいる地域の水道水に合わせ、pHなどを自分で調整する必要もあります。導入時に何かと手間がかかることは、覚悟しておいたほうが良いでしょう。

導入は面倒ですが、使い慣れてしまえば便利な水素水生成器。アルミパウチやアルミボトルの飲みきりタイプの水素水では、10リットルあたり5千~1万円ものコストがかかります。しかし、水素水生成器なら、10リットルあたりのコストは100円足らずと、とても経済的です。毎日続けたい人には、水素水生成器はおすすめです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket