水素水で病気予防しよう。

   2015/10/02

Pocket

健康に効果があると言われている水素水は、予防医学の分野でも日々研究が進められています。予防医学とは、病気を未然に防ぐこと、病気の重症化を防止すること、再発を防止することを目的とした医学です。

現在、病気の約9割が活性酸素によって引き起こされていると言われています。私たちが呼吸によって体内に取り入れた酸素は、ごく一部が活性酸素へと変化します。活性酸素は善玉と悪玉の2種類に分かれていますが、悪玉活性酸素は細胞を酸化させ、病気を発生させる厄介な存在です。悪玉活性酸素は、紫外線を浴びたときやストレスを受けたとき、喫煙・飲酒をしたとき、汚れた空気の中で過ごしているときなどにも発生すると言われています。現代社会は悪玉活性酸素が生じやすい環境であると言えるでしょう。

水素水は、悪玉活性酸素を除去する性質を持っています。活性酸素を取り除くとして、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなども脚光を浴びていますが、これらは善玉活性酸素も取り除いてしまうのが困りものでした。善玉活性酸素は免疫系と関わりがあり、私たち人間には必要な存在なのです。水素水なら、悪玉活性酸素とだけ反応し、酸素と過酸化水素に変化します。最後は汗や尿となって体外へ排出されていくのです。

このように、病気の原因となる悪玉活性酸素を水分に変え、体外に出す働きがあることから、水素水は病気の予防にも効果があると言われているのです。現在も水素水についての研究や実験が進められており、水素水は多くの病気に対して予防の効果があるとの結果が出ています。例えば、患者数の増加が問題となっている糖尿病やアルツハイマー病、認知症、また、日本人の死因の多くを占めるガンや心疾患、脳血管疾患にも、水素水の効果が期待できると言われています。

薬と違って、水素水には副作用がありません。普段飲んでいる飲料水を水素水に切り替えることで、日常的な病気の予防が可能になります。日々体内で生じる悪玉活性酸素も、水素水を飲み続けていれば、怖くはありません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket