水素水で活性酸素除去

   2015/09/26

Pocket

水素水が健康に良いと絶賛され、愛飲者も増えつつあります。健康だけでなく、美容や老化予防など、水素水の効果は幅広い範囲にわたります。この効果のヒミツは、どのポイントにあるのでしょうか。

答えは、活性酸素を取り除く働きにあります。私たちは呼吸によって空気を取り入れて生きています。空気の中の2割を酸素が占めており、私たち生物にとって、酸素はなくてはならない存在です。酸素には物質を酸化させる働きがありますが、活性酸素はその働きが普通の酸素よりはるかに強く、体のサビつき=老化を招く原因となります。昨今、抗酸化作用があるとして、ビタミンCやE、ポリフェノールなどの栄養素が取り上げられていますが、これらには免疫をつかさどる善玉活性酸素まで取り除いてしまうというデメリットがあります。

水素水が注目を浴びているポイントは、悪玉活性酸素だけを選んで体外に排出する働きがあることです。私たちを悩ませる病気の数々は、約9割が活性酸素が原因となっていると言われています。悪玉の酸化作用によって、体内の臓器や細胞にダメージがおよびます。このダメージによって、さまざまな病気が発生するのです。逆に、善玉活性酸素には、体にとって有害な細菌やカビ、微生物を取り除く力があります。善玉まで除去してしまうと、免疫機能に影響がおよんでしまいます。水素は悪玉と結合しやすく、善玉とは結びつきにくい性質を持っています。体内で水素は悪玉と結合し、酸素と過酸化水素水に分解して、水分はやがて体外へと排出されていくのです。

心筋梗塞や動脈硬化、糖尿病、パーキンソン病、認知症、メタボリック症候群など、現代人が悩まされ続けている病気の数々は、実は活性酸素が原因となっていました。現在、水素水はさまざまな病気に効果があるとされ、医学的にも根拠が認められています。また、疲労や老化、肌の衰えなど、身近な悩みにも活性酸素が関わっていると判明しました。健康だけでなく美容にも、水素水は効果的なのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket